So-net無料ブログ作成
検索選択

良い体罰?愛のむち? [雑感]

昔の知人に元女先生がいた。わたしが20代の時、
彼女は50歳くらいで、信州児童文学会に所属していた。
彼女は体罰をしていた。それをさらに正当化していた。
いわく、「愛のむち」だと言って。

ガンジーは目的と手段は同じでなければいけないと言った。
子どもにまっとうなことを教えたければ
まっとうな手段で教えるべきだと言うことだ。

先日アップした記事のリンゴ畑のおじさん
「愛のむち」を使いはしなかった。
しっかりと叱ってくれたから、
ツレは畑泥棒をやめたのだ。

時と場合によって、という言葉は
当事者の判断によるものだから、
事件のバレーボール顧問に言わせれば、
必要だったことになるだろう。

NHKで解説していた日体大の先生は
高校生はプロではないから
試合に勝つことが目的ではない。
勉強が目的だといった。
わたしはこの言葉は不十分だと思う。
プロなら許されるのか。
大相撲の体罰で死に至らしめた事件を
もうお忘れではあるまい。

さらに学校で何を勉強するか、
改定前の教育基本法には
はっきりと「平和で民主的な人格形成」が
教育の基本だと。
それを学ぶことが学校生活。

ところが体罰は平和的ではない。
民主的でもない。
子どもの言い分など全く聞くことなく
暴力に訴える。最低ではないか。

NHKで解説していた先生は
団体スポーツで特に多い。という理由を
大人数になると練習時間が長くなり、
緊張感がなくなる。―だれてくる。
それを回復するために緊張感を作る。
それが体罰という方法で行われる。
という。

ならば、科学的に研究して体罰以外の方法で、
緊張感を作ればいい。

話は飛ぶが、
わたしは落合博光元中日監督が好きだ。
現役時代の練習方法は自分で編み出したものだという
そんな自立性を持ちながら、、
かみさんに頭が上がらないのがおもしろい。
彼の選手を育てる姿勢は
自分がたどってきた人生観で裏打ちされている。

監督の仕事とは?と問われた時、
「選手を見ること。
選手の人生がかかっているのに、
能力のある人間を見過ごすことは責任者の怠慢だ。
選手を預かる身である監督は、
一人一人正当な評価をする責任がある。」と答えた。
選手の自発性による能力を引き出すことを心がけていた。
当然、体罰などあり得ない。


同じ中日の星野元監督とは正反対である。
審判に対する態度も、全く違う。
これを調べていて、初めて知ったが
落合氏らしいエピソードを紹介しておく。

「大丈夫か?」
「大丈夫です、大丈夫です、ええ。」
試合中に突然、
中日落合監督がベンチを飛び出し、球審に歩み寄った。
「大丈夫なのか?もし倒れたりしたら、
無理したってしょうがないだろう。」
「いえ、大丈夫です、大丈夫です。」
ホームベース上での見慣れぬやりとりを、
巨人ベンチで原監督が口を開け、
不思議そうな顔で見つめている。
球審と話し終えた落合は、
この試合の責任審判である三塁塁審に一言告げた後、
ベンチに戻って行った。
解説者や球場にいる観客、
誰もが何が起こったのかを理解できぬまま、
巨人の攻撃が終わりインターバルに入った。
落合が審判団と何やら協議している中、
球審は腰に手を当て、
足を引きずるようにしてダッグアウトに消えていった。
「お客様にご案内申し上げます。審判の交代をお知らせします。」
球場に審判交代のアナウンスが流れた。
状況を理解した中継の実況者は、
体調不良による審判の交代であることを説明した。
解説者の鈴木孝正氏はその洞察力に感嘆し、
この試合の20日前、
練習中に急逝した木村拓也コーチを例に挙げ、
彼のようなこともありますから、と落合の行動を讃えた。
試合後、落合はこうコメントを残している。
「誰かが言ってあげたほうが変わりやすいでしょう。
それを見てやるのも我々の仕事です。」
くわしくは sekihan66さんのブログに書かれています。
選手だけではなく、
全体に目を配るその姿勢の大元は
ヒューマニズムだと、私は思う。

人間は言葉を持ち、コミュニケーション手段は
ほかの動物と違って多彩である。
体罰しかコミュニケーションをとる手段を思いつかないとしたら
その監督はまず自分に
『人格形成』を課題としなければならないのではないか



かの「愛のむち」といった女先生は
すでに亡くなったが、
晩年、教師の職を辞した後は
教育に関する本の販売をしていたとツレに聞いた。

彼女は亡くなるまで
子どもを感動させられる児童文学を
書けなかったのではないかと
私は思っている。

nice!(29)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 29

コメント 14

コメントの受付は締め切りました
砂漠のラクダ

なるほどね~!やはり人間力が大切なんですね♪
考え方とかそんな事はその人のある意味都合ですからね。。。

by 砂漠のラクダ (2013-01-12 19:34) 

獏

教師という職業につく方々は
できれば一定期間
一般企業で就業していただきたいと
昔から思っています
私は人生これまで信用できる教師に
一人しか出会ったことがありません

by (2013-01-12 20:08) 

はなだ雲

野球の試合中、監督って
自分のチームが勝つことに集中してると思うんだけど
審判の人の体調の悪いことに気がつくなんて・・
ヒューマニズムかぁ
なんだか見直してしまった、落合カントク。
by はなだ雲 (2013-01-12 20:36) 

ため息の午後

まっとうなことを教えるためにはまっとうな教育ですか
なるほどなと思います。 最近まっとうなことが軽んじ
られているように思います。
by ため息の午後 (2013-01-12 21:28) 

Azumino_Kaku

こんばんは、
体育の指導に体罰って時代錯誤ですよね。それで勝てると思っている教師が信じられません。
by Azumino_Kaku (2013-01-12 22:10) 

ちくわ

会社でも同じことが言えるよね。
そこで働いている人の生活や人生、
健康がかかっているわけですよ。
落合さんやるな~。
見習いたいです。

by ちくわ (2013-01-12 22:37) 

PATA

よい体罰は存在しません。
by PATA (2013-01-12 22:47) 

sekihan66

落合関連の記事を引用して頂きありがとうございます。
ブログを読ませて頂きましたが、自分の考える教育観と近く、嬉しい気持ちになりました。
また、ブログを更新することがあると思うので、チェックして頂けたら幸いです。


by sekihan66 (2013-01-13 00:10) 

sekihan66

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/sekihan66/
ブログのURLです
by sekihan66 (2013-01-13 00:12) 

お水番

叩いたから上達したと思うのは、指導者の勘違いだろう。
上達は自分の指導の賜物だと考える指導者は、だいたいタチが悪い。
by お水番 (2013-01-13 12:24) 

reorio

学校で何度か殴られた世代です!
その時も体罰って言葉じゃなくて、指導って言われた
あんたが悪い事したから、分かって欲しくて叩いたと・・・
質問された内容が余りにも侮辱的だったので
少し口荒い返事になったのが悪い事だったみたい。
教育的指導?絶対気分的指導だったと思う。
正直その教師の名前は今でもフルネームで言えるし
一生忘れない、悪い意味で( ̄^ ̄)
あんな人間になりたく無いって、気を付けてる意味では
良い見本になっている気がします!それには感謝(*^_^*)
あの教師も相手の事考えて、叩いてくれる人だった
こんな感情を引きずることも無かったのにな・・・。

大変出遅れてまして・・・本当にごめんなさいm(__)m
遅くなりましたが、今年も宜しくお願い致しますo(^▽^)o

by reorio (2013-01-13 14:02) 

楽しく生きよう

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

早速コメントありがとうございました。
てるりんさんもおなじ話題だったんですね。
私は体罰に良い体罰なんて有るはずがないと思っています。
もし体罰という言葉を使うのであれば、今回の事件を起こした顧問教師を百たたきの刑にする。これを持って体罰と言ういうなら納得します。

by 楽しく生きよう (2013-01-13 14:34) 

さきしなのてるりん

ラクダさん、そう、する側の都合ですよ。

獏さん、なかなか会えないもんですが、捜すと居ますよ。先生と呼ばれるほどの馬鹿で無しと先生と言われるのを嫌がる先生
が好きでしたね。

おはなはん、見直した?いろいろ言われてることあるからね。それも視点変えると違って見えてくる。

ため息さん、まっとうな人間になる努力あるのみ。

ちくわさん、見習おう。自然体の顔して実は深く見つめるあの姿勢。

Pataさん、ね。そうでしょ!

sekihanさん、ほんとはトラックバックしたかったのだけどやり方わからないし、コメント書こうとしたらなんか難しくて、勝手に拝借してしまった格好です。すみませんでした。コメントいただいてありがとうございました。てっきりスポーツ新聞か企業かなんかの専門ブログだと思っちゃいましたよ。(笑)

お水番さん、ハハハ、たちが悪いか。いたなぁそういう先生。いいことは自分、悪いのは生徒のせい

reorioさん、愛のむちを与えられた事のある人なのね。今、仕事忙しいかい?体調はいいの?

楽しくサン、職場のパワハラを経験した人は他人事じゃないと思う。100たたきの刑ですか。お尻にスポンジで作ったバットかなんかでやりますか?(笑)
暴力をふるうのは暴力を受けて育ったことがある人が多い。ということも聞きますから、その辺考えてする側の話もやっぱりよく聞きたいものだとは思います。本気で体罰をやめさせるためには体罰が人格を傷つけ、役に立たない事実を当人が納得しないとなくなりません。
by さきしなのてるりん (2013-01-13 17:18) 

yu-papa

ご返事が遅れて申し訳ありません(__)

「愛のムチ」は、体罰を持つべきではありません・・・
あくまでも叱ると言う事を、忘れてはならないのです。

ご訪問&nice!有り難うございますヽ(^o^)丿
by yu-papa (2013-01-16 20:19) 

Facebook コメント

トラックバック 0