So-net無料ブログ作成
検索選択

農村起業「希望共同体」と呼ばれた「金の鈴生産者組合」 [ご近所]

「農村起業希望共同体 
農村を生かす対岸の経済
現場に土台を置いた村企業の話。
チョン・ユンソン著」
上記の本を発行した
韓国の何とかという団体
(すみません正確な名前が聞き取れませんでした)
の取材を受けたという
「金の鈴生産者組合」

わたしのもの末席に連なっており、
その総会に出席した。

昨年からポスシステムを導入。
一挙に事務処理が正確、かつ迅速に
できるようになった。
年間1800万の売り上げがでるようになり、
専従者が一人雇えるようになった。

これまでなったのには
会長の袖山さんの並々ならぬ行動があってのことだ。
今年70歳になるという彼女が
朝市を取り組み始めたのは10年前。

まだ私が隣町に住んでいた時、
たまたま通りかかってお焼きを買った覚えがある。

バブルがはじけ、販路を失った有機農産物を
無駄にせず新しい需要を掘り起こしていく。
その執念が
働きかけたレストラン、料亭などの利用につながった。
2014-02-25 004.JPG
(マイクを持っているのは高級料亭のシェフで、その左は
6次産業化推進協議会地域推進委員という長い肩書を持つ方。
これからお世話になるかもしれません。)

ジグザグの出来事にぶつかりながらも、
袖山さんは全くそれにひるむことなく
ひたすらまっしぐら。
2014-02-25 001.JPG
その日焼けした化粧っ気のない顔は
ちっとやそっとでは負けないその気質そのもの。
実に頼もしい会長さんである。

彼女をはじめとして持ち寄った手料理の数々。
といっても名前がよくわからない。

しかし田舎の素朴なおいしさに満ちていた。
1ちくわと野菜の煮物
2カボチャなど具だくさんの味噌汁(味噌も自家製)
3リンゴとレズンのクッキ
4山菜おこわ
5煮リンゴ
6サツマイモココア風味
7長いもの寄せ
 茶色は大根の醤油漬け
8ゆでラッカセイ、浸し豆、など
9紅花豆甘煮
10むらさきいもようかん
11もやしナムル
12野沢菜
13糸瓜酢漬け
14なすからしづけ
 その上の白っぽいのはおかき
2014-02-25 003.JPG

わたしは何も持たずに駆けつけただけでした。
ご馳走様でした。



nice!(31)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 31

nice!の受付は締め切りました

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
獏

お料理の名前だけでご飯が二杯食べられそうです(^w^)
スバラシイ活動ですね☆

by (2014-02-25 21:07) 

gonntan

美味しい!と、食べてくださる方がいるから
頑張れる^^
by gonntan (2014-02-26 12:18) 

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。