So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

2017-03-28届いたメールに感動の涙 [雑感]

茶の間開設延期のご報告

家主のお婆さん(私のこと)が
手術入院して開かれた親戚会議で
茶の間開き延期が決定。
その夜、
3にんから心こもったメールが届いた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

2017-03-15 チラシ制作打ち合わせで[プレゼント]日サプライズ [雑感]

ここ4日ばかり食事するとムカつき、
みぞおちが痛む。 
慢性十二指腸潰瘍というのがあるなら
それ。午前中ほんとは
議会傍聴に行くつもりだったけど
炬燵に入ってポスターの案を練っている。
午後からオープンイベントの
チラシをはなしあうことになっているので
体調整えとかないと。
チラシの原案はつくった。
これを叩き台にする。
KIMG0172~2.JPG
お腹すいてれば違和感ないんだけど
ちょっと何かはいると不調。
夕べもその前の日も
8じにはふとんにはいってる。
休むのが薬だから。
これ以上は悪くしないぞ。
さて実家に出掛けて
メンバーを待っていると
手作りの湯気が出ている
ケーキ持ってきたOさん。
ひとっきり打合せして一段落すると。影からごそごそ出てきたのは

明日がわたしの誕生日だといって、
バースデイケーキ
みさん、もさんありがとう。
自宅じゃ味わえない実家での誕生祝。
手作りの優しいケーキ、
かりん糖の疑似ろうそくに涙が出ます。
家にかえってツレに見せると
私以上に喜んだ。
いつもはそっぽ向いて
口にしないのだけど
ケーキを一口食べましたよ。
IMG_1489572343927.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

2017-03-12 お手伝いの申し入れ相次ぐ [ご近所]

今朝は町の一斉川ざらい。
早起きして7時から9時まで
住んでいる住宅と 実家の茶の間の
掛け持ち参加。
おかげで眠い。
ただ実家の茶の間の川ざらいでは
お隣の一人暮らしのおばあちゃんの
離れて暮らす息子が参加していて
実家の茶の間のお手伝いをしたいと
申し入れがあった。
自分は定年退職して今は嘱託。
時間は余っていると笑いながら
名前と電話番号、住所を書いた紙を
差し出してくれる。
他に元学どう保育の指導員だった人からも
手伝いたいと。
ボランティア精神に溢れた人たちのなんと多いこと。
嬉しい悲鳴だが、はて利用してくれる人は?それが。。。(笑)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

2017-03-08 実家の茶の間4月オープン準備着手 [実家]

12月1日に家を手に入れて

ほとんど準備らしきものもせずに
プレイベント開始。
まずはしめかざりのイベント14名
1月はプロのラーメン42名
3月ひなまつり
見る7名、食べる25名、歌う18名
さていよいよオープンに向けて準備にはいる。
知人が持参した不用品のガレージセール
陶器類とぬいぐるみが多いが、物置いっぱいあったもの。
さらに、実家の茶の間にあった不用品
中古品のほとんどがあまり使われていないもの。
20組近くの漆膳、電気毛布着物、時代ダンス、
謄写版、玄関衝立、盆提灯、トースター、スタンド
重箱、日本人形、樽もある、
しちりん、トランプ釣り道具、テレビ台
ほりごたつのやぐら
我が家の物置も整理してみるか。
せいぜい古本だな。

さて明日は雛イベント反省会
と、ごくろうさん会
と、企画会議。
何もしないで何かができるなんてこたぁないよなぁ。
kaitekinya.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

認知療法 ジュークHPより [関連HP記事  ]

認知療法=行動を重視

アメリカの精神科医アーロン・ベック(認知療法)や臨床心理学者アルバート・エリス(論理療法)や心理学者ドナルド・マイケンバウム(自己教示訓練)によって、それぞれ独立に始められた心理療法の総称で、学習理論に基づく行動変容法や理論を総称して行動療法、認知や感情に焦点を当てる心理療法を認知療法と呼び、両者(行動療法と認知療法)は不可分に結びついていることからドナルド・マイケンバウムが著作のタイトルに始めて「認知行動療法」という呼び名を用いたものです。


[アーロン・ベックの認知療法](狭義の認知療法)
・アーロン・ベックは、うつ病の認知療法の創始者で、病理と正常の差異性よりもその同一性に着目(常識的なものが強調)し、健康な人々が日常の中で用いる方略 や技能を、治療の過程で再び学習することとなる、常識(コモンセンス)の視点と方法が応用できる療法で、「ある状況下における患者の感情や行動は、その状況に対する意味付けや解釈である患者の認知によって規定される」という理論に基づきます。

カウンセリングでは、クライエントの否定的思考を肯定的や積極的思考に転換することが重要ではないこと、ある状況をみる視点はいくつも存在することで、その中にはクライエントの否定的思考よりも適応的や現実的な視点が存在することをクライエントが自覚できるように援助し、認知的技法 と行動的技法とを用いて、否定的思考に対するクライエントの確信度を減じることが繰り返し試みられます。


アルバート・エリスの認知療法](狭義の認知療法)
・アルバート・エリスは、論理療法の創始者で、1982年のアメリカ心理学会による「20世紀に最も影響の大きかった心理療法家」調査ではカール・ロジャーズに次いで、2位に選ばれ、1957年以降、論文への引用頻度では1位を続けていた理論の提唱者です。

・不安状態にあるクライエントは例外なく、健康なときに比べて状況を多面的に解釈することが困難になっているので、その誤った認知のパターンを修正するには、継続的な努力と訓練が不可欠となり、改善には特定の焦点に合わせることなく、日常生活の悩みに対するクライエントの積極的な関与が重要(セルフヘルプの発想を持った療法)になります。

共通テーマ:健康
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。