So-net無料ブログ作成
検索選択

まとめて雪 [ご近所]

やっぱりすんなり春にはならなかった。

カマキリが野菜の葉っぱの裏に
卵を産み付けていたなぁ、
12,1月と雪が少なかったけどこのまま春か?。

「いんや、春のどか雪がふるさ。」

と言い合っていた。

それにしてもいやになる量が降った。

ゆきかきしていたら、

御近所さんが
「やぁ、こりゃ今まで降らなかった分
まとめて雪降ってくれたいね」
といって通って行った。

そうですねぇ、
ぼちぼち降ってくれたらよかったのにねぇ。
こたえながら
腰を伸ばした私。
昨日から4回目の雪かきで、
腕の力が抜けて
なかなか今日ははかが行かない。

空まっさおで太陽がまぶしい。
もう降らないでいいよ、
たのむからさ。

東京は投票率が低いらしい。
あの軽蔑すべき舛添氏に有利に働く投票率か。

東京の人、投票に行ってね。
雪は捨てても
自分の権利を捨てないで。
日本中が沖縄県民の様に
自分の要求を貫く意志を強く持ってほしい。

2014-02-09 001.JPG
およそ45㎝の積雪とか。
でも30㎝位を2回、
20㎝を1回、10㎝を1回雪かいたから
わたしの中では90㎝なんだけど。
どうやって積雪って測るのかね。

2014-02-09 003.JPG
雪かきしない墓石のてっぺんは
こんな感じなのでこれで測ると
40㎝もないけどね。



ハウス造りその後 [ご近所]

だれか晴れ男がいるのか。
ハウス造りの日には前日の雨予報に心配しているのに快晴。
29日は暖かいうえに美遠く南アルプスまでが見える雲一つない空。
31日は風が強いのが玉にきずだったが
まずまずの温かさ。
2014-01-29 001.JPG
それでも外で食べるあたたかいうどんはうまい。
横の張り棒4本のうち3本まで
組み合わせがうまくいかず長さを切ったりつないだりしながらなんとか取り付けた。
2014-01-29 002.JPG
ところでこのメジャー13mのところでかじられてしまった。
こういういたずらは鼠と相場は決まっているのだが、、、
おかげでテープでつないで測ることになった。

つないだところがしっかり止まら余計な仕事ができてしまったਸ

朝三暮四・町の社会資本整備計画決着 [ご近所]

町の指名による委員から
公募委員を含めた今の策定委員に代わって9か月。

町なか再生を考える懇談会の代表2名が加わった
社会資本整備計画の大詰めの日。

2回の町民説明会で出された町民の不安に答えるとして
新しく保育園建設や安曇病院の負担金、
圃場整備、学校修理、など、
大きな財政負担をくわえたうえでの財政シミュレションが
町から出された。
膨らんだ支出に対して、
10年返済を20年近い返済にするというもの。
負担が減るわけではない。
1年の公債比率が相対的に下るだけだが
それに基づく委員会の論議が行われる。
行われる、、、というのは不正確だ。

新しい状況に基づき
我が懇談会代表による修正提案が出されたにもかかわらず
論議はほとんど行われず
実際には多くの点で問題を残したまま
町の最終素案を原案とすることで決着した。

18億の計画が提示された昨年。
なんの町民説明もないまま計画を進めるな。
ハコものはもうたくさんだ。もっと他にお金を使ってくれ。
スーパーが撤退した土地には
公民館より先に買い物する場を作れ。
町民の声を聴いて計画を作れ。

そのような声を背景に委員会は開かれた。
町はいかにも町民の声を聴いているとばかり
すぐさま16億に計画を引き下げた。
然しそれは同じ位置に作られる商業施設の費用を
ほかの補助金で行うことが決められたことが誘因だ。
つまり町の財政総量での負担に変わりはない。

しかし、実際に委員になった人の多くは
相変わらず町の意向に沿う人たち。
ほとんど発言することはなく、
町の言うことに間違いなし、信用すればいい。
財政は素人にはわからない、いろいろやるのは議会で。
と極めて責任感に乏しいもの。

事態の変遷に伴って修正案を出すことに対して、
副委員長は
これまでの論議を全否定するもの
と決めつけ、論議させない不透明さ。
ろくに議論もしていないのに、
もういい加減議論をやめて採決して、
早くこの任から逃れたい、
という気持ちが態度にありありと見える。

何ら議論が深められずに採決された結果、
ほかにも防災事業費への移行により
見かけだけは減ったように見える
14億5千万という
町の修正計画素案通りとなった。
朝三暮四の目くらましに委員の方々は引っかかったのか。
わかっていながら賛成したのか。

町の計画から負担が減ったのは
ただひとつ
公民館建設でこれ以上は無用とされた
駐車場が削られただけ。
金7000万円也。
これはこれで大切なことではあるが
何ともこれだけというのは
懸命に修正案をだし
町民の声を伝えようとした懇談会代表委員や
公募で参加した委員に比べ、
他の委員の姿勢に不満が残る。

しかしこの日の委員会は終了。
終わり際に
あとは答申を出すだけと
修正案の議論もされないうちに事務局で用意されたものが配布された。
修正案の趣旨を盛りこんであると事務局は発言していたが、
果たしてどれほど修正趣旨をくみ取ったものになっているか、
だれが信用できよう。

然しわたしにとってはやっととりあえず一つの区切りはついた。
これからの重点は商業施設づくりの委員会に移行する。

まだまだ資料勉強終わらない。
(笑ったらシェアさんより)
書類点検1546321_385208228292048_550628353_n.jpg

ゆうきの里新年会のビッグな贈り物。 [ご近所]

ゆうきの里の新年会。

参加者32名若者半分。

sinnenkai.jpg

前回の芋煮会は

あの狐の穴のとなりの畑などを5反

格安で貸してくださった方をお呼びした。

今度は畑と同時に機械も貸してくださるという

太っ腹な方が現れた。

知る人ぞ知る、南極観測隊員に

その弟さんだかが参加したことのあるというお方。

中企業の、今は会長に収まっておられると聞いたが、

80過ぎてゆうきの農業もやっていられなくなったと

農協に5町歩からのたんぼを委託している。

機械道具もどんどん使っていい。

(聞けばまだ新しいものとか)

それをただで貸してくれるというのだ。

いわゆる棚ボタのような話。

このビッグな贈り物に

やる気のある若いのが2人

手を上げてひきうけることになった。

そのほかに隣村にも1町からの田んぼがある。

よかったら貸すぞという声に

たまたま畑の契約を切られ

丁度1町歩捜していたという

隣村の人が参加していて、即決。

これは思わずみんなから拍手が起きた。

捨てる神に拾う神。

Aさんの話に、みなただただ嬉しくて

顔をほころばせっぱなしになった。

さて、忙しい懸案をこの日まで連続して

3つ消化し終わった。

途中で余計な仕事も入ったが、

ツレが珍しくホロしてくれ、

わたしが労力を割く必要はなくなった。

大助かりだった。

前日から新年会のメニュをと用意したもの。

古代おこわ

創作お焼き(山クリと芋、サトイモとみそチィズ、

人参クリムチィズ、ごぼうと山梨みそチィズ)

菊イモハンバァグ、カボチャ餅、サトイモのエゴマソォス和え

カボチャサラダ、里芋のずいきの煮物

そして鴨鍋。

以上〆て酒つき1000円。

安いでしょ。

 

25日はその準備の合間に

といっても半日がかりで

花とハァブのフォラム年度最終の会合参加。

町づくり、ゆうきの里づくりにも必要と考えて

まだほかの仕事が重なっていたのを

なんとか参加したのだが、

あれもこれもはやっぱり無理がある。

フォォラムで言おうとしたことを抜かしてしまって、

参加したメリットが生かせないで終わってしまった。

 

とはいえ、会合の中で

「この4月あたりには

味噌づくりスケジュルを決めて

ブログもツゥルにしながら、

もっと外へ発信していくことだと」

発破をかけられて帰ってきた。

 

はい、みなさんよかったら味噌つくりに来ませんか?

またきちんと決まったらお知らせします。

やれやれ、なんとかひとつ山越えた。

次は28から30日の委員会だ。

ふううっ!

 

 


モウタイヘンナンデスカラ・渡辺謙のスピーチ [ご近所]

ああ忙しい。
今日も昨日も会議とその延長の雑務で、
とてもパソコンに向き合っていられない。
と言いつつ、結局眺めてしまうものだからこんな時間になる。
(これは予約投稿のため、午後10時。
4時に起きて出勤の身にはきつい)
モウタイヘンアンデスカラ。

特にこの11日あたりから始まる
イベントとその準備で、カレンダは
黒くなっている。
自分的には不本意な気分だが、
背に腹は代えられない。
しばらくはあまり自分で考えて書く必要のない
FBのコピペでお茶を濁すことにしよう。
その間、ナイスと、コメント欄は閉じておきまする。

正月早々おやすみなさいです。
落ち着いたらまた訪問しますので、
どうぞよろしく。

早速FBのコピーです。

続きを読む