So-net無料ブログ作成
検索選択

ハウス骨組みの骨できた! [畑]

さぶっ!

日中でも氷点下のままと思われるような気温と

北風が吹きつける中、

ハウスの芯を通す作業に入った。

長く1本につないだ16,2mのパイプを

屋根のてっぺんに取り付ける作業である。

ところが、

これが上、いや下、と話がまとまらない。

2014-01-19 003.JPG

前回写真を見て、あ、上だねと

確認したはずなのに、

唯一ハウスの組み立ての経験のあるAさんがぶれるものだから

もう一度写真を見て確認をした。

間違いなく上になっている。

そこでパイプを上側にのせるため、

ロープで引き上げる。

2014-01-19 002.JPG

取り付けてしまってから

「あーっ、これどうやってはずすんだ?」

芯のパイプの真ん中あたりで

ロープの作り付けの輪にパイプを通してしまっていた。

幾つものアーチを乗り越えてローをはずさねばならない。

2014-01-19 004.JPG

わ、ハハハハ、やっちゃったねぇ

良いよ切っちゃえば、

そのままぶら下げてターザンごっこすれば? 

などとみんなして茶化してはいるものの、

この寒いのに時間かかるのはごめんだ。

どうやって外すのかとうんざりする。

しかし、実際は最初の取り付け箇所を

さっと外すだけで済んだ。

この後さてどうやって外したでしょう。

ってクイズやったら?とメンバーの声。

というわけで皆さんどうしたと思います?

ま、とにかく寒い中の9時半から午後3時まで

正味5時間の奮闘でなんとか骨の部分は完成。

ところが実は

全部取りつけてしまってから、

途中で別のところの部品の購入に走ったAさんが

そのお店の人に

「芯にするパイプを上にするなんて聞いたことない。」

と言われて、それ専用の留め金具を買ってきてしまったのだ。

「途中で携帯入れたんだけど出てくれなかったもんで。。。」

というけれど、

てっぺんで一人パイプつなぎに取り組んでいたNさん

2014-01-19 007.JPG

「よかったぁ、携帯出なくて。

出てたら、やり直し、、、なんてやだよぉ」と

苦笑いしながら拒否。

2014-01-19 006.JPG

当たり前でしょ。

写真でそうやって作ってるの確認したんだから

それだっていいんだよ。

ここまで取付してきた人のこと考えてよ。

それともAさんやる?

と私はやりなおしに固執するAさんをなじるように言った。

現場で一緒に組んでいたほかの人も

もういいじゃないとやりなおしに反対。

Aさんもやっと納得してうなずく。

やれやれだ。

2014-01-19 010.JPG

腹が減っては戦ができぬと、

わたしが用意したうどんとひっつみ

(へそのあるすいとんみたいなもの)で

昼ごはん。

2014-01-19 005.JPG

この蓋をあけるといきなり灰が入り、

おまけに引き上げるうどんがあおられて

お椀でなく火の中に飛び込むほどの風の強さ。

それでも

わぁあったかいーっ

と口々に言いながら食べ、

片付けと打ち合わせして本日の畑での作業は終了。

しかし過酷にも(笑)この後

豆の選別作業が待っていた。

2014-01-19 013.JPG

みんなでやれば作業もはかどる、、、かな?

隣の畑も次々に借りて、ゆうきの畑を増やそうとか、

 ヤギを飼って草を食べてもらおうとか

いや、タイミング悪いと作物食べられちゃうとか

狐を飼い慣らして

頭に葉っぱ載せてお手をするように調教しようとか

 

化かされてしまってて、

気が付いたらハウスもなくなってたりして。

だから

祠作ってお祀りするほうがいいとか

本気とも妄想ともつかないような

ばかばかしい話で盛り上がりながら

時間は過ぎて行ったのでありました。

 

 

 

 


nice!(28)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ハウス造り [畑]

昨年末からハウス作りに取り掛かっている。 

2013-12-23 012.JPG

 

しかし、もともと継ぎはぎだらけのハウスを譲り受けたものだから、

どれがどこの部品やら、案の定さっぱりわからなくなってしまった。

ハウス組み立てを決めた代表が

「さてりんさん、これどの部品使うのかなぁ。」

という言葉の連発。

そのたんび、撮った写真を眺めてあーでもないこーでもない。

2014-01-12 001.JPG 

アーチは建てたものの 支える横棒はばらした棒を

一応つけてある消えかかっている目印頼りに

あれこれ組み合わせ継いで行く、、うーん、長さがぴったりと合わない。

結局6.3m分棒がどこかへ行ってしまった。

心細いやら不安やら。

 

16.2mの新しいハウスを買えば50万は下らない。

これから不足しているビニルや部品を買うだけでも8万くらいかかるが

これはもう、何が何でも組み立てるしかないでしょ。

ほとんどやけくそ状態で取っ組んでいる。

3月のお彼岸までには何とか完成させたいが、

どうなることか。

 

 


nice!(25)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

人の足で麦踏みする [畑]

今時、人間の足で
麦踏するのを見たことがない。
やらなくなったか、ロ~ラ~で片付けてしまう。
霜柱で浮いて根を土になじませ、
生育を促進する。
というのが麦踏の目的。

それならやってみようじゃないかと、
酔狂な面々が参加。
麦踏の運動量は高齢者に丁度いい。
歩くぐらいじゃ寒いと思って、
厚着をして行ったら
すっかり汗をかいたが
気分は清々しかった。。
2013-12-23 003.JPG

しかし、凍った土が溶け出す
10時過ぎという
のんびりずくなしの
ゆうきの里時間から始めたものだから
長靴は泥がこびりついて
持ち上げるのに力がいる。
2013-12-23 007.JPG

こんなに土がついてくるようでは
麦の若芽が土にくっついて
抜けててしまうかと心配したが、、、

見上げたもんだよ屋根屋のふんどし。
麦よ、あなたは強かった。
(以上寅さんの口調で)
麦は土から全く離れる意思を持っていなかった。

麦踏の時期は本場3枚になってから
というにはそういうわけがあったんだな。

さて、我がゆうきの里の守り神、
狐さんのおうちはますます大きな穴になってきた。
2013-12-23 004.JPG
お隣の畑にこんな山が出現。
2013-12-23 006.JPG
近づいてみると、
2013-12-23 005.JPG
川沿いの玄関口から、
こちら裏口でございま~す。

お狐大明神さま~
春になったらふさがれちゃうぞ~。
nice!(37)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

立派なキャベツ [畑]

寒くなってもまだ畑で頑張っているキャベツ。
昔カンランていってたおぼえがあるが
調べてみると、キャベツとは似ても似つかぬ花。
キャベツをカンランと言ってた人いますか。
ちと聞いてみたい。
kanran.jpg

さてうちのキャベツはボリュウムあり。
2013-12-06 001.JPG
ほれぼれする。
恥ずかしくて赤くなってる(笑)。

残した葉っぱも食べたいくらい。
2013-12-06 002.JPG
これで無農薬、枯草枯葉栽培。

お隣から立派な苗をもらったからだと思うが
虫食いもなく、
植えた苗すべてが玉になったのは初めて。
いつも虫に食われて玉にならず、
できても小さかったりした。
だから今年のうちの畑では
これが一番のトピックかもしれない。
キャベツは日持ちもするから重宝する。
お隣さんに感謝。

芋煮会のお誘い [畑]

ゆうきの里池田芋煮会のお誘い

4月にゆうきの里池田の会を立ち上げて半年がたちました。
畑をお借りし、わくわくしながら
黒豆を、大豆を、綿を、きびを、あわを、里芋を、
kuro1.jpgwat1.jpg2013-09-24 005.JPG2013-09-24 006.JPG
作付して収穫の日を首長く待ちました。
無肥料で、当然無農薬
いったいどんなものができるやらと
一生懸命やっても草刈り作業が追いつかず畑は草だらけ。
葉っぱは小さい、草の背丈も伸びない。
そんな様子に
今年は収穫という話にはならないなと思っていました。
ところが黒豆は300k出荷できました。
里芋も掘ってびっくり。
去年の肥料が残っていたかもしれませんが、
ちゃんと芋ができていました。自然の力は偉大です。
水をやったり気が付く限り、
刈った草を載せてみたり。
足音を聞かせた分だけは応えてくれたのでしょうか。
そんな自然に感謝する aisite.jpg
芋煮会を下記の通り開きます。
ぜひみなさん、
やさしい自然の恵みを味わってください。
お待ちしています。

とき  12月1日午前11時半から午後3時まで
ところ 池田2丁目公民館
会費  おとなのみ1000円
メニュー 自然農法おにぎり、
      できたらきびだんご、
      無農薬無化学肥料野菜の芋煮、
      漬物(粕、みそ、醤油漬けなど)
      枝豆、飲み物
      (ビール、福源の有機酒米純米酒、ノンアルコ-ル、ジュ-ス、ウーロン茶)
その他  綿紡ぎワークショップ(無料) 希望者
                                   以上
                  主催 ゆうきの里池田
             連絡先 0261-62-2844(秋吉)
              または0261-62-2505(中村)まで



こんなチラシを作りました。
ほんとにどうなるかと思っていたのですが、
何とか赤字は免れそうです。
人手がなく、
不本意ながら麦播きの前には
耕耘をJAに頼みました。
これから先、どうやって新規就農者の支援をしていくのか。
やっと緒に就いたところです。

みなさんよろしければ
無農薬無肥料のコメ、野菜の味を
確かめに
ひょっとしたらきびだんごもできるかもしれませんから
どうぞ食べにおいでください!
って言っても遠いでしょうね。
万が一(笑)その気がある方はご遠慮なく
てるりんまでお申し出ください。
特別安く、、はしませんけど(笑)歓待します。
左上のブログ付属メールをご利用ください